2011年10月22日土曜日

ゾンビコラム Vol.1『 恐怖城 ホワイト・ゾンビ 』


どうも。このたびブログ上でゾンビ映画の紹介を
隔週定期で任される事になりました
新入りのゾンビ14号と申します、以後よしなに。

以前は個人用のブログやmixi日記でホラー映画の感想を
気儘にちょこちょこ書いてはいましたが
ここ長らくその類のレビューを書くことから遠ざかっており
今回本当に久しぶりでして(苦笑)。
まぁ、元よりあまり大した観察眼があるわけでもなく
しがないホラー映画愛好家の戯言・駄文でしかありませんが
お付き合い戴けますとこれ幸いです、どうか宜しくお願い致します。

そんなこんなで何はともあれ第1回目に紹介するゾンビ映画は
はて?何がよいものかと色々考えてみましたが、
記念すべき最初のゾンビ映画紹介コーナーならば
同じく記念すべき史上最初に製作されたゾンビ映画が良いかもね!と
オイラのゴーストがそう囁いてきましたんで、
今回は古典ホラー映画の名作にもよく挙げられる
世界最古のゾンビ映画を紹介しようと思います。


恐怖城 ホワイト・ゾンビ
原題:WHITE ZOMBIE
1932年/66分/アメリカ
監督:ヴィクター・ハルペリン(Victor Halperin 
原作・脚本:ガーネット・ウェストン(Garnett Weston
特殊メイク:ジャック・ピアース(Jack Pierce
出演:ベラ・ルゴシ(Béla Lugosi/マッジ・ベラミー(Madge Bellamy/ 他


この映画は1930年代前半に製作された作品でして、
時代的には映画がサイレントからトーキー(発声映画)へと
次第に移り変わり始めた頃ですね。
映画に出演する俳優達が容貌と身振り手振りの演技力の他に
台詞回しの実力も問われるようになった転換期でもありますが
まぁ、この辺はゾンビ映画の紹介という本筋から離れるので
割愛させて戴きます。
そんな時代に貴族然とした風貌とハンガリー訛りを駆使した台詞回しで
トーキー初の吸血鬼映画『魔人ドラキュラ』で見事ドラキュラ伯爵を演じ
今日の世間一般にまでドラキュラ伯爵の典型的イメージを定着させた
ホラー映画界の伝説的大スターであるベラ・ルゴシ、
その彼が1931年の『魔人ドラキュラ』の翌年に出演した作品
それがこの世界最古のゾンビ映画『恐怖城 ホワイト・ゾンビ』です!!


え~っと、そうですねぇ、この作品を紹介するに当たって
まず最初に言っておきたい事といえば
昨今のゾンビ映画的面白さを求めて観賞しようとすると
確実に肩透かしを食らうって事ですかね(苦笑)。

今日の世間一般でゾンビと聞いて連想する
人間に喰らいつき犠牲者と同属を爆発的に増やす生ける屍
という怪物像は皆さんも重々ご存知の通り
ジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』によって
1968年以降に広く根付いたモノですから、
それ以前の作品だと西インド諸島に広まった民間信仰(ブードゥー教)の
奴隷として使役される生ける屍という本来の伝承に沿った
描写が大抵の場合されていますので、
30年代に生まれたこの最古のゾンビ達もまた然りという訳なのです。

なので食人だの、切株だの、汚物は消毒だー!だのを篤く求める
些か残念な映画ファンは悲しくて震える事になりますが
ロメロ監督に影響を与えた記念碑的作品と捉えて観賞すれば
大きく見開きながらも中空を見つめる虚ろな眼差しと
力ない歩みとぎこちない動作に当時の撮影技法とが相まって
昨今のゾンビとはまた異なる薄気味悪い魅力が溢れています!!

でも、まぁ、実際の所この映画の一番の魅力はゾンビそのものより
上記のベラ・ルゴシが演じるゾンビを操る呪術師だったりしますけどね、
ワイングラスを手に取って掲げる一連の動作をだけを観ても
気品と怪しさに満ち溢れていて魅せられる事請け合いですぜっ!!!


あ、余談になりますが『WHITE ZOMBIE』というタイトルといえば
ヘヴィ・ロック界の重鎮であるROB ZOMBIE
ソロ名義で活動する以前に結成していたバンド名に使用していた事は
ホラー映画ファンやロック好きの間では有名ですね!

あとROB ZOMBIEにはソロで出した1stアルバム『HELLBILLY DELUXE』に
Dragula(ドラキュラ)という名曲がありますが、
この曲のPVにちょこちょこ現れてはロブの背後で踊っている大きな怪物
あれ『ファントム・クリープス ゾルカ博士の野望』という
連続活劇に登場するロボットだったりします。

ROB ZOMBIE - Dragula
 
で、この作品もまた悪役の発明家ゾルカ博士として
ベラ・ルゴシが出演していたりしまして
ホワイト・ゾンビ、ドラキュラ、ファントム・クリープス、
全部べラ・ルゴシで繋がっているんですよね。
何ともロブの敬愛っぷりに和まされますなぁ~♪という事で
ロクに紹介していない第1回ゾンビ映画紹介を
ここにて締め括りたいと思います(苦笑)。

グダグダな長文失礼致しました、ではでは!!


<text by ゾンビーナ14号>

リアクション:

0 コメント:

コメントを投稿

このサイト上のテキスト、写真の権利は「ゾンビ集団ZOMBIENA」にあります。記事の無断転載お断り!転載希望の方は事前にお知らせください。 最近、誤った内容の記事を書く人間が多くて困っているんだゾン!!
Twitter Facebook Favorites More

 
Design by Free WordPress Themes | Bloggerized by Lasantha - Premium Blogger Themes | Hosted Desktops